子供の遊び③

では実際、どのような応援ができるのか・・・・。息子だけでなく、周りの子たちも巻き込まなければならず、どんな風に実践すればいいのか、悪戦苦闘の日々でした。ゲームも昔と違い友達とコミュニケーションをとる大事な遊びなので、やらせないわけにもいきません。

現在やっているのは、30分ほど家でゲームやカードゲームをさせて、人数が集まったところで公園に行かせます。ゲームをしてとりあえず満足するし、人数も4~5人いれば外遊びもひととおりできます。

うちは、ドッジボールを持たせて行くことが多くよくドッジをしていました。毎日ではありませんが、下の娘の付き添いで公園に来たついでに、ゲームをしている子に体を使って遊ぶように声かけしたり、人数が少ないときは一緒に遊んだりもします。

昔は、そういった見守ってくれるご近所さんが多くいて、子供達も安心して遊んでいたんでいたのかなあと思います。
最近、1~2年年生のお母さんから、息子の学年の子たちが他の学年に比べ、よく公園で体を使って遊んでいることを羨ましがられます。子供の外遊びがうまくできずに悩んでいるお母さんは、意外と多いのかも・・・。

息子のために始めた取り組みでしたが、楽しく遊ぶ習慣が身につき、私の応援が少しでも役に立っていたなら、これほどうれしいことはありません。また、周りをまきこむことで、結果的に息子が良い影響をうけることができたはず。
せっかくの貴重な小学生の時期です。ゲームばかりでなく、友達とたくさん遊んでほしいと思います。一生懸命友達と遊べる子は、暴力で解決したりしなくなると思うからです。

DSC_1288

  • このエントリーをはてなブックマークに追加