パパの無呼吸症候群③簡易検査

病院をネットで探していてわかったことですが、睡眠時無呼吸症候群をそのまま放っておくと、心筋梗塞や脳梗塞が健常者の2倍以上になるそうです。気づかないだけで、実は心筋梗塞や脳梗塞の原因が睡眠時無呼吸症候群にあったということもあるかもしれません。

とにかく、予約がとれて一安心。やっぱり健康で長生きをしてほしいもんね。

さて、初めての無呼吸外来ですが、会社から一駅で行ける立地で会社帰りの時間で病院を受診でき、無理なく今後も通院できそうです。問診だけでは睡眠時無呼吸症候群かわからないので、簡単に調べることのできる簡易キットを借りて帰ってきました。腕に機械をまいて、指と鼻にセンサーがついているような感じの機械で、次回の予約日までに2日間付けて、寝ている間の呼吸を検査するらしいです。

早速、その晩検査キットをつけて寝た主人ですが、鼻にチューブのようなものもつけて、まるで病人のようです。主人は、こんなんじゃ寝れないとか言ってますが、さあ、検査の結果はどうなのか・・・・。

DSC_0093

パパの無呼吸症候群④→

  • このエントリーをはてなブックマークに追加