夏の自由研究⑤生き物どれだけ捕れるかな?

前回のカブトムシの自由研究ですが、本当に良い課題だったんだけど、やはり労力が大変すぎました。夜の森とか本当に大変だったので、今回題材を選ぶにあたり、もう少し親の労力が少なくてすむものにしようという私の意見。

ということで、いくつか候補をあげたなかで、今年(昨年の自由研究)は、息子が常日頃やっていることを題材にしました。

それは何かというと、夏休みにどれだけ生き物をつかまえられるかというもの。種類ごとに何匹か、全部の種類を集計します。また、そのとった時の様子、方法など。

友達仲間からハンターと呼ばれている息子は、小さいときから、とにかく捕る事が大好き。魚から虫、爬虫類なんでも捕獲します。これこそ、息子がいつもしていることで、あとは捕った生き物の写真をとるだけという、カブトムシ採集に比べてかなり楽ちんな作業。

DSC_1167←これは、先日行った魚釣りで釣れた魚。

しかも、帰省で北陸に行ったり、九州に行ったり、いろいろな生き物がとれます。まずその中でも珍しい物・思い出深いものを紹介します。

夏の自由研究⑥→

これは、去年の夏休みに君津にあるオートキャンプ場に初めて行った時のこと。

DSC_0716

ちなみに、キャンプ経験のないうちの家族は、2階建てのバンガローに泊まることに。お風呂もトイレもついていてバーベキュー台もついている、本当にきれいなバンガローでした。

DSC_0726

場内には緩やかな小川が流れていて川遊びもできます。息子はやはり、ここでも網で何かしら捕まえていました。

場内にある鯉の管理釣り場。釣り好きな息子は、もちろんテンションマックスで、大人がバーベキューしながらのんびりしている最中、釣りばかりしてました。

DSC_2999←こんな大物も釣れてびっくりです。

さて、自由研究の話なのにキャンプ場のことに脱線しちゃいましたが、さて、ハンターの息子は、ここでどんな生き物を捕まえられたのかな。

夏の自由研究⑥→

  • このエントリーをはてなブックマークに追加