クリスマスリースの作り方②

土台のリースが完成したら、いよいよクリスマスリースの飾り付けです。私は、リースの飾り付けの材料は、身近でとったまつぼっくりやどんぐりなどの自然の木の実を使うことが多いです。
公園によっていろいろな種類の木の実があるので、娘と公園めぐりをしながらの木の実拾いは格別です。また、飾りものは、なるべく手作りのものを使用したいので、布と綿でミニリースやステッキの飴、毛糸で花を作ったり、出来上がりのリースは思い入れ深く、素朴で素敵なものになります。

今回は、ヒバとヒロムヒバと家に植えているブルーアイスというコニファーを使ってリースを作りました。↓

1.土台となるリースにヒバ等をワイヤーでとめていきます。全部まいても、一部分だけでもよいですが、まきおわったら、中心を決めて下げる紐を結んでおきます。
2.飾りは、松ぼっくりやヒメりんご等、大きかったり重量のあるものはワイヤーで固定していき、小さい飾りはグルーガンでとめていきます。リボンや毛糸をまいたり、キラキラネイル等でに雪っぽい化粧をつけてもクリスマスっぽくなります。

生の葉っぱで作るリースは、本当にすてきなリースになります。

DSC_1410DSC_1441

クリスマスリースの作り方③→

  • このエントリーをはてなブックマークに追加